見出し画像

注目集めるポータブル電源・Vol.1|ポータブル電源のポイントを押さえておこう!

 家電量販店ではポータブル電源の常設コーナーを設ける店舗が増えていますが、製品について知らないことが意外と多いのではないでしょうか。

 今回は、購入の検討時や製品選びで押さえておきたいポイントを解説していきます✨


ポータブル電源とモバイルバッテリ、なにが違うの?

本体に充電して、ほかの製品に給電する機器として、ポータブル電源の他にモバイルバッテリがありますがその違いは👇

ポータブル電源

ポータブル電源はそれ自体で機能せず、電力を必要とするほかの製品と組み合わせることではじめて機能するもの。表示部以外にこれといって見える形の可動部はなく、充電や給電を繰り返す役割しかありません。

出力端子はUSBポートのほかにAC電源やシガーソケットに対応。
また、ポータブル電源への充電はAC電源やシガーソケット、ソーラーパネルなどに対応しています。

モバイルバッテリ

実は、用途としてはポータブル電源と同じ。
ほかの製品に供給する出力の大きさと出力端子が異なっているぐらいで、
そもそも両製品に明確な定義付けはありません。

モバイルバッテリはスマホやタブレットへの電力供給を目的として最大出力が100W未満、出力端子はUSBポートのみという製品が多い。
モバイルバッテリ本体への充電はUSB経由、1回のフル充電でスマホやダブレットへは複数回の給電が可能ですが、10回未満がほとんどです。

これらのほかに、そもそもモバイルバッテリとポータブル電源は本体のサイズや重量も大きく異なり、製品価格にも大きな違いがあります。

ビジネスでの出張や交通インフラを利用する旅行などではスマホやタブレット、ノートPCへの給電用としてモバイルバッテリ。キャンプや自宅でAC電源を必要とする機器の使用はポータブル電源という使い分けを考えると◎

内蔵のリチウム電池のタイプは2種類

ポータブル電源は家庭の壁にあるAC電源やUSB、車のシガーソケット、太陽光を受けるソーラーパネルから本体に充電します。
本体に入ってきた電力は内蔵の充電池に溜められ、各出力ポートから接続機器に電力を供給する仕組みです。

充電池に採用されているのがリチウムイオン電池。
一般的にポータブル電源で使用されているリチウムイオン電池を大別すると、三元系リチウムイオン電池(以下、三元系)とリン酸鉄リチウムイオン電池(以下、リン酸鉄)の二種類に分けられます。

三元系とリン酸鉄系では主材量が異なる


三元系とは、主にレアメタルであるニッケルとマンガン、コバルトの3元素を電池の正極の主材料とし、リン酸鉄は文字通りリンや鉄が正極の主材料。最近ではリン酸鉄の採用が増加していますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 充放電を繰り返せる回数が三元系よりはるかに多いため寿命が長く、安全性も高い。

  • 自然放電が少ない

デメリット

  • 充電池のサイズが大きくなる

  • 三元系よりも価格が高くなりがち

使用したい機器を想定して容量を選ぼう

ポータブル電源を選ぶ際には
・接続して電力を供給したい機器が何台あるか
・その機器すべての総出力がどのくらいのW数になるか
かを把握して、それ以上の容量があるポータブル電源を選びましょう。

POINT💡
「使用したい機器の消費電力<ポータブル電源の容量」

注意したいポイントはもう一つ☝

上記の消費電力1200Wで1時間使用した際の電力量で、2時間の連続使用だと×2で2400Wとすると、容量が2000Wのポータブル電源だと理論上、電力を供給できる再長時間は1.2時間となり、2時間は使えない計算となります。

また、同時に使いたい機器が3台ある場合、当然AC電源の出力ポートも三つ必要になります。
仮に三つあったとしても3台の合計消費電力がポータブル電源の容量よりも大きい場合は、前述のように電力供給ができなくなってしまいます。

このような点から、ポータブル電源を選ぶときは最低限使用したい機器の合計出力や使用想定時間を考えた上で、余裕のある容量の製品を選びましょう!

ポータブル電源の寿命を左右する充放電サイクルとは

スマホのバッテリを長期間使用していると残量の減りが早くなり寿命を迎えるのと同様に、ポータブル電源にも寿命があります。
寿命が近づくと、フル充電までの充電時間が今までよりも長くかかったり、充電できる容量が減ったりして、ポータブル電源としての機能性がダウンしてしまいます。

この寿命を左右するのが充放電サイクルの回数。
100%のフル充電状態から残量0%になるまでほかの機器に電力を供給する過程を「充放電サイクル」といいます。
 
容量2000Wのポータブル電源を例として整理すると、100%のフル充電から1回の使用で2000W使って残量0%になった場合は1回とカウント。
1回で1000W使い、充電をしないまま2回目でも1000W使って残量0%になった場合もカウントは1回。

また、1回目で700W使ってフル充電し、2回目で800W使った後、3回目で500W使ったという場合も1回とカウントします。
つまり、充電回数や使用回数、残量とは関係なく容量分を使い切った時点で1回とカウントします。

回数に関係なく放電した出力が容量と同じになると 充電回数は1回とカウント


ポータブル電源の寿命をサイクルでカウントすると、500~4000回と幅が広く、保管や使用環境によっても寿命は変わります。

前述のリン酸鉄は三元系に比べて3~5倍の寿命があるといわれ、仮に4000回だとすると、毎日1回で容量を使い切るような使い方をしても4000日、つまり10年以上は使用が可能ということになります。

ポータブル電源は決して安価な製品ではありません。
用途を想定した上で、上記のポイントに気をつけて製品を選びましょう📣


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

BCN+Rは、旧サイト「BCNランキング」オープン以降、15年を超える膨大な量の過去記事が読めます。別刊BCNでは、厳選した過去記事や記者のつぶやきを紹介していきます。